« 551 | メイン | 盆屋のぼん? »

2005. 10. 19

第7回桂小米朝勉強会 らくごの世界

おなじみになってきた勉強会。今日は侍と姫の三人でいってきました。
右に侍、左に姫で、ほんなら私は坊主かいな?

本日の演目
「つる」 桂佐ん吉
「胴乱の幸助」 桂小米朝
「煮売屋」 桂こごろう
「茶漬間男」 桂小米朝

「胴乱の幸助」の幸助さんは彦八まつりで見た染丸さんのがよかったかな、と思う。堅物なんだよ芝居なんて知らないんだよっていう方がよかった気がする。小米朝の幸助はちょっと軽かったのかも。
好みの問題だろうな。稽古屋さんでのところも染丸さんの方が雰囲気出てたなぁ。うーん。
「煮売屋」は何が嬉しいって暗峠がでてくるところが嬉しい。ラブ東大阪。芭蕉も最後の旅でこの峠を越えたとか越えないとか(適当)。
暗峠は奈良からこのへんまで来たらちょうど暗くなったから、とか昔はもっと木が茂っていて暗かったとか、昔のエライ人がどうしたとか(どこまでも適当)なんだか色々聞かされてたけど(周りにいい加減な大人しかいなかった少女時代…)、今回の "坂が急で鞍がひっくり返った" というのは初めて聞いた。確かに急だしそれもありよね、と思う。全部嘘ならなおおもしろい…。
久しぶりに石切から歩いて生駒山に登るのもいいかも。
「茶漬間男」関係でちょっといいことが、いやすごくいいことがあったのだけど、あまりにも嬉しかったからそれは別のエントリーで。

落語が終わってから、3人で侍殿リサーチによる薩摩料理の店へ。
どれもこれもおいしい。焼酎によく合うようにできていてくやしいことこのうえなし。
(ただいま禁酒中)
おいしかったんだ、薩摩揚げ。いい味だったんだ地鶏。酒盗…本気で盗みに行こうかと。
料理だけで十分満足だったけど、また行くよね!?

投稿者 ERI : 2005年10月19日 23:59

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://pam-ya.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1158

このリストは、次のエントリーを参照しています: 第7回桂小米朝勉強会 らくごの世界:

» 第七回桂小米朝勉強会 from 拾遺集/pick 'n' pin up
友人たちに誘ってもらい、桂小米朝の勉強会へ。会場は、大阪は本町にある南御堂同朋会館。 本日の演目は、『つる』桂佐ん吉/『胴乱の幸助』桂小米朝/『煮売屋』桂こご... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年10月21日 11:42