« 2005年3月 | メイン | 2005年5月 »

2005. 4. 30

神戸スイーツハーバー

今日一番の行列

パティスリー アトリエ ド リーブの「エクレール キャラメルバナーヌ」と「グラタンフリュイ」

えいじとハーバーランドの神戸スイーツハーバーへ。
すっごい人。さすが連休。この人混みこそ連休の醍醐味(…)だと言い聞かせて奥へと進む。

左の「エクレール キャラメルバナーヌ」はトレイに載せて歩いている人を見て、気になったので購入。そこそこおいしかったけどちょっと食べにくかった。見た目重視かな。
右の「グラタンフリュイ」はかなり好み。甘さ控えめのグラタンソースにしっかり甘いサクサクのパイ、中にフルーツがわんさか入って大きいけど楽に食べられる…ただし冷えていれば…。作ったはしから売れていくから冷やす暇なんてなかったみたいでぬるめだったのが残念(^_^;)でもでもおいしかった。

グラス持って帰ってきたけどよかったのか?

ヴェールヴェールの「南国プリン(マンゴー)」と「モンブラン」
左の「南国プリン(マンゴー)」は、またまた人のを見て気になったので購入。懐かしのナタデココが入っていた。味はマンゴー好きでなくても少し物足りない感じ。もっと濃くてもよかったのにな。見た目大好き。
「モンブラン」はいい素材使ってるんだろうなぁという味。もう一度食べたい。

遅めの昼ごはんを直前に食べたから少ししか食べられなかったので、またそのうち行きたいなぁ。

投稿者 ERI : 23:24 | トラックバック

2005. 4. 29

BURDIGALA

に、日本酒をください…

妹の誕生日なのでランチでも、と母に誘われて小汚い格好で出かけていったらハービスプラザのBURDIGALA(ブルディガラ)へ入ることに。
昼から¥2,940のコースでグラス¥900のシャンパンを飲む。うへぇ。何の会だ、これは。
そんなにめでたいのか妹の誕生日(失礼…でもないや)。
とりあえず、おいしくいただいてきました。

オードブルの "鹿児島産カンパチの燻製とスペイン産オリーブのタプナード、グリーンアスパラを添えて" とかいうのは写真撮り忘れて無心で食べてしまった…(こんなのばっかり)ただのアスパラがなぜあんなにもおいしいのか…。で、タプナードってナンデスカ?ソースデスカ。ソウデスカ。
(誰だこんな奴に食べさせたのは)

パスタは "伊サルディーニヤ産、カラスミとういきょうのリングイネ白ワイン風味" (上の写真)
「これが酒飲みが泣いて喜ぶというカラスミですか、姉さん!」
「おぅ妹よ!こりゃまたカラスでスミなのに黒くないとは面妖な!」
横には同じテーブルで無駄に他人のふりをする母。

育つのを待てばもっと量多かったのかな…

主菜 "仏産骨付き雛鳥のグリル オレンジの香りと共に"
この辺りになるとおいしすぎて笑いっぱなしの我ら姉妹。
「うひゃひゃひゃひゃ、姉ちゃんこの魚食べ食べっ。うまいようひゃひゃ…」
「くっくっくっ、雛鳥でオレンジだよ骨ごと食べちゃえくっくっくっく…」
もう止める人はいません。(ほろ酔いで仔牛のカツレツを食べる母。酔ってどうでもよくなったらしい)

okome.jpg

最後にデザートの "お米入り "ビアンコ・マンジャーレ" 伊トスカーナ産白インゲン豆のアイス・クリーム添え" と紅茶をいただく。
紅茶のカップの持ち手が小さいのに注ぎすぎて持てなくなった(左手を添えないと持ち上がらないけど熱い)妹と無理矢理指を入れて指の色を変える私…。

テーブルとテーブルの間隔が広めで本当によかった。
ありがとうブルディガラの人。

投稿者 ERI : 23:59 | トラックバック

2005. 4. 28

みかさ

するめが入ってておいしい

テスト帰りのえいじと待ち合わせて昼食は中津の天丼屋さん「みかさ」へ。
12:00~13:00のランチタイムにすごい行列ができていただけあってサクサクでかなりおいしい!しかも安い!天丼500円、かき揚げ丼580円也。
写真はえいじのかき揚げ丼。私の天丼は目の前に来た途端かき込んでしまったので写せませんでした…。

投稿者 ERI : 23:59 | トラックバック

2005. 4. 27

いぶくろ

お隣の女の子が私の頬を指差して
「お姉ちゃんの胃袋かわいいね」
と、言った。

ん?いぶくろ?
こんなところにあったのね、私の胃袋…。
なんて言いたかったんだろう?

投稿者 ERI : 23:59 | コメント (2) | トラックバック

2005. 4. 26

ハチクロ

夜中にハチクロのアニメを見ました。
1時間延びたから見られないねー。そんな時間寝てるよねーって言ってたんだけど、だらだらしてたら始まっていて。
アニメ化とか映画化とか聞くとちょっと構えてしまうんだけど、これはなかなか納得のいく出来。よかったよかった。挿入歌がスピッツだって聞いてたけど、それもまたいい感じ。ちなみにオープニングがYUKIちゃんでエンディングはスネオヘアーでした。
そんなこんなで今日は一日眠かった。

投稿者 ERI : 23:59 | コメント (6) | トラックバック

2005. 4. 25

タケノコを茹でる

剥いても剥いても皮

タケノコ掘りに行ってきたという人から大きなタケノコをいただく。
皮のまま糠を入れてぐつぐつ1時間。
茹であげて皮をむき水洗いをすると、固さをみるために竹串で刺した穴から水が噴き出した。
おぉっタケノコ水鉄砲?
しばらく遊んでいたら少しひしゃげてしまった。

投稿者 ERI : 23:13 | コメント (2) | トラックバック

2005. 4. 24

白鹿クラシックス

トマトとタルタルの組み合わせがいい

久しぶりに会った友達たちと酒蔵を改装したカフェレストランの白鹿クラシックスでランチ。
写真はクラシックランチのメイン「舌平目のミラノ風カツレツ」。
天井が高くて落ち着くお店でした。利き酒スタイルでいただく日本酒三種とかもあるそうなので、次は昼から飲みにいきたいものです。
だって白鹿ですもの。飲まないと失礼でしょー。
ニヤリ。

投稿者 ERI : 21:56 | トラックバック

2005. 4. 23

ケーキサーバー

キッチン用品のお店がセールをしていたので、えいじが以前から欲しがっていたケーキサーバーを買った。上機嫌で棚から手に取って私に渡し、家に帰ってからは小躍りでケーキサーバーを見つめるえいじ。
そんなに欲しかったのかー。

投稿者 ERI : 23:59 | トラックバック

2005. 4. 22

黄砂

天気予報で広い範囲で黄砂が予想されますとかなんとか聞いた気がしたので、洗濯物を取り込む時にベランダではたくことにする。
続けているうちにちょっとおかしくなってきて薄ら笑いで洗濯物を振り回していたら隣の畑にいたおじいさんと目があった。慌ててうつむくおじいさん。
そのうち私ここらで有名になるかもしれません。
うわーい。

投稿者 ERI : 23:59 | トラックバック

2005. 4. 21

第5回桂小米朝勉強会 らくごの世界

二日連続落語の話…。
いや、波がきてますから、ね。

手作り感あふれる

南御堂・同朋会館での桂小米朝勉強会へ。
前から四列目。顔の皺も見える距離で見てきました。
本日の演目
「手水廻し」 桂雀五郎
「百年目」 桂小米朝
「本能寺」 桂米左
「阿弥陀池」 桂小米朝

「当日販売のみ」という言葉に怯んで行くかどうか迷ったものの開演1時間前に到着し(後から分かったのだけど、26番目に)おずおず並ぶ私。
並んでる人はみんな常連っぽい雰囲気。
「会員証が…」という声が聞こえさらに怯む。
なにそれ、会員証ってなになに??もしかして無いと入れないの!?なんだろなんだろ…(心の声)
結局、普通に1500円払って入場。どうも、会員証もくれるらしい。判子が4個貯まると「特製・小米朝扇子」がもらえるとのこと。
会員証というかポイントカード?

毎回書いてるようだけれど、小米朝うまかったー。なんだろうホント。声もいいし、動きもいいし、表情もいいし。出てくるだけで舞台が華やぐ気がする。
米左さんの芝居噺も動きがすごくておもしろかった。雀五郎さんもよかったし。
これで、1500円っていいのかな。嬉しいけど。
そういえば小米朝、先月血圧が180を越えて救急車で運ばれたそうな。もう少しで今日の会を開けないところでしたーって。こわいこわい。
で、おひらき前に抽選会があって、そこで血圧計を景品にしてました…。他にも演目にちなんだ景品がいろいろ。お酒とか本日の夕刊セットとか。当たらなかったけど楽しかった~。
次回は7月27日(水)予定だそう。扇子目指して次も行こうかな。

投稿者 ERI : 23:59 | コメント (3) | トラックバック

2005. 4. 20

拝受御礼

結局一口だけなんだけど

"「天満天神繁昌亭」建設募金拝受御礼" ハガキが届いた。
来春の完成に向け、邁進いたす覚悟でございます。とのこと。
がんばってくださーい。

投稿者 ERI : 23:19 | コメント (2) | トラックバック

2005. 4. 19

せんたく

なんだか明日から雨だと聞いたので洗濯三昧。
いい天気だなぁ、と昼過ぎにベランダに出たらもう乾いていてびっくりした。
本当に暖かくなったなぁ。

投稿者 ERI : 23:59 | コメント (2) | トラックバック

2005. 4. 18

プリンエル

駄菓子のプリン味
牛乳が飲みきれないほど余っていたのでプリンエルを久しぶりに買った。かなり懐かしい。
モロゾフのプリンカップ(残していますが、何か?)に入れてみた。
カップと中身のギャップが楽しいプリン?

投稿者 ERI : 23:59 | コメント (2) | トラックバック

2005. 4. 17

暗記パン

えいじがGREに向けて勉強を始めた。
それを見ていた私。

「…暗記パン(正しくはアンキパンらしい)使えば楽なのに」
えいじ「でも、あれ枚数が多くて食べられなくなって…ていうオチじゃなかった?」
私「じゃあ、小さい字で書けばどうにか??」
えいじ「いや、パンを押しつけて写して使うからそれはダメだと…」
私「うー」
えいじ「縮小コピーしてから使えばいいね」
私「おお!解決したねー」
二人「よかったよかった~」

何の解決にもなっていません。

投稿者 ERI : 22:44 | トラックバック

2005. 4. 16

冷凍ごはん

いつも白米を一食分ずつ冷凍していたんだけど、なんとなく気が向いてチキンライスにしてから冷凍してみた。
耐熱ガラスの器に入れているからそのまま食べられるし、かなり便利。
どうして思いつかなかったんだろう。よく作ってるのに。
うー。あぁ、毎回食べきっていたんだった(-_-)

投稿者 ERI : 23:59 | トラックバック

2005. 4. 15

ばんぺいゆ

九州の人が大きなみかんをくれた。
名前を聞いたら「ばんぺいゆ」と言われたので、まーた私聞き間違えたなと思っていたら本当にあったよ「晩白柚」。ザボンの一種だそうな。
この間の大福といい、九州っておもしろいなぁ。

投稿者 ERI : 23:59 | コメント (5) | トラックバック

2005. 4. 14

うごうご

イメージ:虫歯菌

楽しいよウゴツール

投稿者 ERI : 23:59 | コメント (6) | トラックバック

2005. 4. 13

なんちゃら中聖堂

隣には大聖堂があったそうな

なんだか近所の人と結婚式を挙げた教会が一緒だったみたい。
"だったみたい" と表現が曖昧なのは記憶が曖昧で確認できなかったから。
結婚式の写真を見せてもらってかなり時間が経ってからデジャブ(違う)に襲われた私。
「あれ、この木見たことある!」
木…。建物でも神父さんでもなく、木。
大丈夫か私。

なんちゃら中聖堂っていう感じの名前だったんだけど。
さぁてどこだったんだろうねー。

投稿者 ERI : 23:59 | コメント (3) | トラックバック

2005. 4. 12

鉛筆が一本

うちには鉛筆が一本あります。(一本しかない)
機嫌良く字を書いたり絵を描いたりしていましたが、先ほど鉛筆削りがないことに気が付きました。このままいくと、そのうち使えなくなります。
…どうしましょう?
いやいや買いましょうよ、鉛筆削り。
ちょっとびっくりした。

投稿者 ERI : 23:35 | コメント (2) | トラックバック

2005. 4. 11

やっぱり謎

謎。と思っていた「のろま会」のメンバーが判明。
まろま、ほくろちえ、森桃子、仲瀬甲羅、のろまみこ、の5人。
名前がわかったところで謎は深まるばかり…。

投稿者 ERI : 23:02 | コメント (2) | トラックバック

2005. 4. 10

部屋で花見

桜の下にはすし詰め状態の人が

昨日の帰りに撮ってきた写真で今日お花見…。
雨が降るって聞いてたから家でダラダラ過ごしたけれど、降らず。
これなら今日、お花見行けたねー。

投稿者 ERI : 22:16 | コメント (2) | トラックバック

2005. 4. 9

デモクラシー

なぜかチョコを売っていた

シアター・ドラマシティへ「デモクラシー」を観にいく。
小難しそうな(失礼)雰囲気だけど、「鹿賀丈史と市村正親が20数年ぶりに共演」ということなのでちょっとドキドキ。鹿賀丈史がまた病気で代役になっていたらどうしようとさらにドキドキ…。

今回は大丈夫でした☆の鹿賀丈史はやっぱりいい声。こんな魅力的な政治家いたらなぁ、と思う。本当になられても困るけど。
あと、観るまでは、市村正親が東ドイツのスパイというのはどんなもんだろうと思っていたのだけれど、明るいスパイという不思議な役を作って演じてしまっていた。すごい。力業…?
他に近藤芳正、今井朋彦、加藤満、小林正寛、石川禅、温水洋一、三浦浩一、藤木孝が出演。

話の筋はやっぱり(パンフレットのあらすじに訂正シールが貼られるほど)難しかったけれどおもしろい舞台だった。「この舞台をおもしろいっていうなんて私も大人になったじゃん(何故 "じゃん")」というおもしろさ。
それにしても実話なんだなぁ、これ。
ギョームが亡くなったのが10年前というのに驚く。

ところで、市村さんがグラス倒したのってわざとだったのかな…?

投稿者 ERI : 23:59 | コメント (2) | トラックバック

2005. 4. 8

団子

緑まずい

花見はまだ。
とりあえず団子だけ食べてみた。
明日どこかで見られるかなぁ。

投稿者 ERI : 23:59 | トラックバック

2005. 4. 7

Conclave

コンクラーベ、コンクラーベ、コンクラーベ……
…コンクラベ、根くらべ。ぷふっ。

コンクラーベは「鍵で閉められた場所」を意味するのだとか。
あまりにもつまんないのでちょこっと情報を追加してお得感を出してみました。
でも何語かは知らない…。

投稿者 ERI : 23:35 | コメント (2) | トラックバック

2005. 4. 6

昼どきの猫

初夏のような暖かさ。
つい浮かれてベランダに椅子を出し、メロンパンを囓りつつ本を読むことにする。"ベランダ" なんて書いてみたけれど結局は物干し台なので向かいのマンションから見た人がいたら不審に思ったはず。
着実に近所の人に不安を与えていく私。
保坂和志の『明け方の猫』を読んでいたらベランダの隅にノラ猫がやってきた。いつまでもいるので渋々メロンパンを分ける。猫、食べる。私、分ける。猫、食べる。
いつまでも食べるので「もう、やらん」の意思表示のため部屋に戻った。
読書進まず。

投稿者 ERI : 23:03 | コメント (2) | トラックバック

2005. 4. 5

スイスロール

北東(なんとなく)を睨みつつ

心の友、来る。
前回閉まっていたカレー屋へ自転車二人乗りではしゃぎつつ行き、そして帰る。
巨大ナンと不思議(…)チャイでおなかいっぱい。
しばらくしてから、おやつにスイスロールを半分こする。一本ずつの予定が、スーパーに一本しか置いていなかったため仕方なく(おなかいっぱいなのは都合良く忘れる)。
フォークがありません。なぜってそれは必要ないから…。
丸かじりでいただきました。私たちに福が来ますように。
ハッピーカムカム。

投稿者 ERI : 23:40 | コメント (2) | トラックバック

2005年本屋大賞

「2005年本屋大賞」は恩田陸の『夜のピクニック』に決定したのだそう。
『三月は深き紅の淵を』を読んでそれっきりになっていた恩田陸。
いい機会だからそのうちまた読んでみようかな。
で、私が(勝手に)推していた『家守綺譚』『チルドレン』はそれぞれ3位と5位でした。
ふむふむ(満足)。
というわけで、2006年本屋大賞が気になる私。
鬼、笑い死ぬか。

投稿者 ERI : 21:49 | コメント (5) | トラックバック

2005. 4. 4

焼肉ミュージカル

料理をしながら、つけっぱなしにしていたテレビを見ると
"焼肉ミュージカル"
と、字幕が出ていた。
はて、焼肉ミュージカル?なんだそれ?舞台で煙もくもく?臭いそう。
葱を刻みながら想像はふくらむ。
「何より塩タン~♪そしてミノは特上にしてね~らららん♪ロースは高いからハラミで我慢するわぁわわわわ~♪でもでも最後にクッパは頼みたい、でゅわー♪」

筋肉ミュージカルでした。
悪くなったのは目でしょうか、脳でしょうか。
それとも両方でしょうか。

投稿者 ERI : 23:52 | コメント (2) | トラックバック

2005. 4. 3

ドット抜け

中古パソコンを買いに。
「液晶ドット抜け×2有り」と書いてあったので二人で探す。
背景の色を白→赤→緑→黄と変えながら画面に顔を近づけ目を細めて探す探すしつこく探す。
確認のためだったはずが、どちらが先にドット抜けを見つけるかという競争になる。
「あっ!これこれ。…なんだ汚れか」
「お、ここ。この指の上にあるのそうじゃない?」
「あーそれかぁ!」
「うーん、あと一つ…」

結局3つ目のドット抜けを見つけて引いて貰った金額、1200円。
私たちの胸に広がる達成感、プライスレス☆
うわーい、やな客だー。

投稿者 ERI : 23:59 | コメント (2) | トラックバック

2005. 4. 2

あと3日

2005年本屋大賞(第2回)決定まであと3日。
前回(第1回)の受賞作は売れに売れた小川洋子の『博士の愛した数式』。今回はどんな作品が選ばれるのか、実は去年からずっと気にしてたり…(ホント暇だな)
誰も聞いてくれないから勝手に書くけれど、私は『家守綺譚』『チルドレン』を推してます。
本屋さんだったら投票できたのになぁ。
少し残念。ううん、実はかなり…。

投稿者 ERI : 23:59 | コメント (2) | トラックバック

2005. 4. 1

寿司ケーキ

穴子味ではありません

バナナとクルミのケーキを焼いた。
…はずだったのに、写真を見ると穴子の押し寿司のよう。
もう、これは新製品として売り出してしまおうか!?

投稿者 ERI : 23:59 | コメント (2) | トラックバック